もしもの時に知っておくと便利!離婚すると決めた時から準備しておきたい事とは?

離婚する際に注意しておきたい情報まとめ

>

慰謝料や親権問題は揉める可能性が高いのか

慰謝料について話し合おう

離婚する夫婦の原因は様々です。
離婚イコール慰謝料と言うわけではありませんので注意が必要です。

では、慰謝料が発生する離婚にはどういったものがあるのでしょうか。
夫婦どちらも離婚する理由がある場合、慰謝料は発生しませんがどちらか一方に離婚するきっかけがあった時は慰謝料を支払う事になります。

それでは、離婚の原因になる内容を確認していきましょう。
一番多いのは浮気や不倫とされています。
夫婦関係の中でも最大の裏切りに感じます。

他にも、社会的に問題視されている相手からの暴力です。
暴力には種類があって、身体を殴る蹴るなどで傷つけるタイプと相手が嫌がる言葉で精神的に苦しめられる言葉の暴力です。
どちらも慰謝料を請求できる内容です。

支払う側は誠意を持って対応する責任があります。
支払ってもらう側はこれからの人生がマイナスにならない為にきちんと話し合いましょう。

離婚後の親権について話し合おう

離婚とは夫婦だけでの問題ではなく、確実に家族をも巻き込む事になります。
夫婦でいた期間は少なからず幸せだった時もあったはずです。

子どもがいて、仕事がお休みの時は家族で過ごす時間も沢山あったと思います。
離婚はその幸せさえも奪ってしまうくらい簡単な事ではありません。

子どもがいる夫婦が、一番に話し合わなくてはいけないのは親権です。
親権とは離婚した後でも子どもと共に生活をすることのできる親の権利です。
子どもと離れたくないと言う点で、この問題は揉めます。

離婚はお互い納得出来ても親権問題だけは納得の行かない結果もあるのです。
では、親権が手に入る可能性が高いのはどんな場合なのでしょうか。

子どもに決めてもらう事も出来ますが、子どもと多く生活していて子どもから信頼されている方が親権を手にしている確率が高いのです。
実際は経済力があるないは親権問題には関係ありません。


この記事をシェアする